住宅を建てる際には、様々なことを指定できる注文住宅を選ぶことも可能です。ただ、注文住宅を選択する前には、メリットとデメリットの両方を把握しておいた方が良いでしょう。ここでは、そのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

住宅を建てる際には、様々なことを指定できる注文住宅を選ぶことも可能です。ただ、注文住宅を選択する前には、メリットとデメリットの両方を把握しておいた方が良いでしょう。ここでは、そのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

住宅を建てる際には、様々なことを指定できる注文住宅を選ぶことも可能です。ただ、注文住宅を選択する前には、メリットとデメリットの両方を把握しておいた方が良いでしょう。ここでは、そのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

注文住宅のメリット

注文住宅には、分譲や建売の住宅とは異なるメリットがあります。そのメリットに魅力を感じたのであれば、注文住宅を建てると良いでしょう。では、注文住宅の代表的なメリットにはどのようなものがあるのか、解説していきます。

家族の人数や生活環境に合った間取りにできる

注文住宅の間取りは自由なのがメリットです。土地の広さによって床面積は一定以下に抑えざるを得ませんが、どのように間切りをしても、どこにどの部屋を配置しても構いません。2階建てや3階建てにする場合には…

予算に合わせて色々なことを取捨選択できる

注文住宅は自由度が高いので、予算に合わせて住宅を建てられるのがメリットです。住宅業者を選ぶ時点で概ね相場が決まります。業者によってはプランがいくつか用意されていて、大まかにどのくらいの費用がかかる…

外装と内装両方のデザインにこだわれる

注文住宅だからこそ出来る事とは

家を購入する場合には二つの方法があります。一つはすでに完成している住宅を購入する「建売住宅」です。もうひとつは「注文住宅」を建てる方法です。建売住宅のメリットはすでに完成しているために、購入後にすぐに住むことが出来るという点です。ですが、自分で間取り等を決めることが出来ないのがデメリットと言えます。それに対して注文住宅では、自分で間取り等を決めることが出来るため、自分の思い通りの家を造ることが出来るというメリットが有るのです。ただし、完成までには時間がかかるということもあります。ですが、外装や内装などすべでを決めることが出来るので、デザインなども専門家と相談しながら、思い通りの家を造ることが出来ます。

注文住宅を建てるには?

住宅を建設するには土地が必要です。すでに土地を所有しているのであれば、建物の建設費用やその他の諸費用のみで完成させることが出来ます。そのため、費用を建物につぎ込むことが出来るため、よりグレードの高い建物にすることも出来ます。逆に土地から購入して建てるのであれば、まずは土地探しから始めなくてはなりません。建物に費用をかけたいのであれば、出来るだけ安い土地を探すようにします。しかし、安すぎる土地には、何かしらの弱点があります。とくに住むのにあまりにも不便な土地であった場合には、購入を見送るほうがよいでしょう。建物に費用をかけすぎるあまり、土地が貧相であると生活するのに、不便を強いられることがあるので注意が必要です。

注文住宅のデメリット

注文住宅を建てようとした場合、メリットばかりを見ていてはいけません。後悔しないためには、デメリットにもしっかり目を向けることが大切です。では、注文住宅にはどのようなデメリットがあるのかを確かめてみましょう。

コストが高くなってしまう

注文住宅のデメリットの一つとして、建売住宅よりもコストがかかりやすい、ということがあげられます。建売住宅は一定の規格に基づいて建てられているため、建築にかかるコストを安く抑えることが可能です。一方…

完成までの期間が長い

注文住宅で家を建てると完成までの期間が長くなります。注文住宅は自由度が高い設計ができる魅力がありますが、設計を突き詰めるまでに長い時間が必要です。住宅購入を決めてから実際に入居するまで、1年半前後…

ローンを組む場合の手続きが複雑

住宅を購入するときにはローンを組んで購入するのが一般的です。注文住宅を現金で購入できるときには問題にはなりませんが、ローンを組むときには手続きが複雑になることがあります。特に多いのが土地と住宅を別…